◆サブスタにフリースクールヒュッゲ掲載されました!

◆2月の予定です。

◆フリースクールヒュッゲ設立5周年バースデードネーション実施中!!

◆1月の予定です。

◆春秋まるい×フリースクールヒュッゲのコラボ企画の記事、三條新聞様に掲載されました。

◆春秋まるい×フリースクールコラボ企画開催!!

3年越しの周年企画は飲食店×フリースクール創業48年、総合飲食店の春秋まるいさんが、新型コロナウイルスで頓挫した、3年越しの周年企画を開催。「忘新年会×子どもたちの居場所作り」という、初の忘新年会×地域貢献企画を12月4日スタート。収益の一部を市内のフリースクールに寄付して、親も子も自由になれるお手伝い。という素晴らしい企画を株式会社ライズ.エムディーの藤井さんから提案していただき、この度、春秋まるい×フリースクールヒュッゲとのコラボ企画開催が決まりました。 

◆12月の予定です。

◆福祉にいがた11月号にフリースクールヒュッゲ紹介されました。

◆11月の予定です。

◆バースデードネーション始めました!

お陰様でフリースクールヒュッゲは今年で5年目に入りました。

また、代表である私、関口は11月15日に50歳という節目の誕生日を迎えます。

そこで50歳という節目の年齢になるにあたり、フリースクールヒュッゲ代表関口健志50歳バースデードネーション~自分らしく生きるもう一つの居場所~キャンペーンを始めました。

このキャンペーンは不登校やひきこもりなどで学校、家庭以外の居場所を必要としている人に「自分らしく生きるためのもう一つの居場所」として必要な居場所提供や支援を継続していくための寄付を募るキャンペーンです。

残された寿命を未来を担う子どもたちのために自分に出来ることをしていきたいと考えておりますので、皆様からのご支援何卒よろしくお願い申し上げます。 

◆10月の予定です。

◆セミナー&交流会のお知らせ

トモニーながおか

第3回イベント開催です!
「教えて!中学卒業後のあれこれ」~不登校と進路の話~

日時:10月15日(日)13:30~15:30
場所:ゆるり屋 長岡市旭町1-13-15
講師:フリースクールヒュッゲ 関口健志
   HP hyyge32.com
定員:15名程度
参加費:1,000円(中学生以下無料)
申し込み:DMまたはメール(tomony.nagaoka@gmail.com)

①参加者氏名(中学生以下の方はわかるようにご記入ください)
②駐車場利用の有無
③連絡先
④講師への質問(任意)

・申し込み締め切り10月11日(水)
・定員に達した場合期日前に締め切らさせていただきます。

不登校になってしまった子どもたちの進路に不安をお持ちではないでしょうか?

・うちの子が行ける高校はある?
・高校でも不登校になったら?
・高校以外に行ける場所は?
・そもそも高校に行った方がいい?

などの不安を感じている方に選択肢があることを知っていただき、少しでも不安の解消にお役立ていただければと思います。

セミナー後、参加者同士の交流会もあります。
ぜひ親子でご参加ください🎵

*会場の「ゆるり屋」にはカワイイ猫ちゃんがいます。
アレルギーのある方はお申し出ください。

#不登校 #進路の悩み #トモニーながおか #オヤカラ #フリースクールヒュッゲ

◆コラボイベントの記事、新潟日報に掲載されました。

先日、道の駅庭園の郷保内で開催された風見穏香×フリースクールヒュッゲコラボイベントについての記事掲載れました。不登校をテーマにしたクロストークに出演されたオンリハ、自宅待機ぐみ!!!、水色の傘のそれぞれの代表と風見穏香さんのコメントが掲載されています。ぜひ皆さんにも読んでいただきたい内容です。

◆新潟日報、月刊にいがたにフリースクールヒュッゲ紹介されました。

◆「高卒資格取得」無料サポートコースのご案内

例年、GW明けから高校に入学したものの登校できずに苦しんでいる方や転校を考えている方からのご相談が増える時期です。ヒュッゲでは長岡英智高等学校と連携し、「高卒資格取得」のための学習支援やご相談をしております。ヒュッゲでサポートを受けながら「高卒資格取得」を目指しませんか?
長岡英智高等学校へは6月からの転入学が可能です。「高卒資格取得」のための学習支援、ご相談はヒュッゲへの費用は必要ありません。(*長岡英智高等学校の学納金が必要となります。)
現在、高校に通ってない方、転入学を考えている方は、まずはご相談を!! 

◆#学校ムリでもここあるよキャンペーン記事、新潟日報に掲載されました。

◆#学校ムリでもここあるよキャンペーン記事、三條新聞に掲載されました。

◆風見穏香×フリースクールヒュッゲ コラボイベント in 道の駅 庭園の郷保内 の動画アップしました!!

◆三條新聞に記事掲載されました。

◆不登校新聞に記事掲載されました。

◆4月1日より下記の住所に移転します。

 〒959ー1121
 新潟県三条市善久寺3013-5
 TEL 09039816005
 *お越しの際は事前にご連絡ください。

◆「高卒資格サポートコース」新設
 令和4年4月より長岡英智高等学校三条校と連携し、高卒資格取得を目指すための「高卒資格サポートコース」を
 新設しました。

◆2月10日の三條新聞様にお茶の間蔵之介出演の記事が掲載されました。

◆Amazon「みんなで応援」プログラムに参加してます。皆様からの温かいご支援何卒宜しくお願い申し上げます。

新潟グラウンズにフリースクールヒュッゲの紹介が掲載されました。

◆エネルギーファンディング始めました。

洋服・ブランド品寄付サービス「Brand Pledge」始めました。

◆新潟日報の朝刊に記事掲載していただきました。

◆「街のとまり木」ポータルサイトがオープンしました。「多様な学びプロジェクト」は、全国約400カ所の地域の子どもの居場所を検索できるポータルサイト「街のとまり木 BY 多様な学びプロジェクト(詳細は☜をクリック)を2021年7月7日にオープンしました。フリースクールヒュッゲも登録しています。

◆寄付サイト「シンカブル」にて寄付を始めました。クレジット対応もしており、500円から気軽に寄付ができます。ご支援してくださる方のご寄付募集しております。寄付ページはこちらをクリッ

「死ぬな!」の冊子と「フリースクールヒュッゲ」のパンフレットを道の駅たがみに置いていただきました。

◆生きづらさ支援ポータルサイト「新潟グラウンズ公開されました。

〜ご寄付のお願い~

年々、不登校の人数が増加の一方で全国で約18万人(2019年度)となっており、コロナ禍の影響を受け、今後ますます不登校の人数が増加していくと思われます。不登校の人数の増加と共に学校、家庭以外の居場所としてフリースクールなどの需要が高まってきています。しかし、経済的理由によりフリースクールを利用したくても利用できない方が多くいらっしゃいます。フリースクールの月額の利用料金の全国平均は約33,000円(入会金など含まず)というデータもでていますが、その金額でも補助金や公的支援なしではフリースクール運営を継続していくことが厳しい現状です。フリースクールヒュッゲとしては利用者の経済的負担を考慮し、全国平均よりは利用料金を低く設定していますが、コロナ禍の影響などにより経済的困窮者が増え、フリースクールを利用したくても利用できない方が増えています。
利用者の経済的負担を軽減し、なるべく多くの方に利用していただきたいと思っているとともに支援を必要としている人に必要な支援を継続していくためにはフリースクールを継続していく必要があります。助成金や行政などの公的支援も必要と考えておりますが、よりスピーディーに支援を必要としている人に必要な支援を続けていくためにも皆様からのご寄付が必要と考えております。
皆様のご理解、ご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

振込先
三条信用金庫 塚野目支店
口座番号   8409906
名義     セキグチ タケシ

◆春休み中も通常通り開校しております。ご利用、ご相談、お問合せお待ちしております。

新潟NPO協会さんより「死ぬな!」「三枚のおふだ」を100部いただきました。
「死ぬな!」は新潟県内で支援活動をされている団体の情報が掲載されています。
フリースクールヒュッゲでも「死ぬな!」「三枚のおふだ」をお渡し、お届けできます。

NSTの夕方のニュースで「復活!!こわれ者の祭典」が紹介されました。

「復活!!こわれ者の祭典」の動画公開されました。

11月29日に開催された「不登校」「ひきこもり」について語り合う#1~#12(☜をクリックで視聴可能)の動画が公開されました。

新潟NPO協会のホームページ内の「にいがたニナイビト」で紹介していただきました。

◆「まるごと県央!」11月号のSDGs関連の特集にフリースクールヒュッゲが掲載されました。