先日、シン・エヴァンゲリオン劇場版を観てきました。話の内容についてはネタバレになるのでここでは述べませんが、この映画を観て、「鬼滅の刃」の世界観より「エヴァンゲリオン」の世界観のほうがしっくりきたと感じました。どちらの映画も作画や音楽が素敵で観ていてとても面白く、特に「鬼滅の刃」は作画、アニメーションがとても素敵でしたし、登場するキャラクターもそれぞれ個性的で魅力的でした。「エヴァンゲリオン」に出てくるキャラクターに関しては日常的にどこかにいそうな感じの人たちな感じがして、特に主人公の碇シンジにはなんというか普遍性も感じました。

自由、自遊、自優

2021年03月22日

中学の社会の公民分野でも習ったように日本国憲法には自由権として「身体の自由」「精神の自由」「経済活動の自由」と大きく分けて3つの自由を保障しています。
フリースクールでは不登校の子たちやひきこもりの方などと関わる機会が多いですが、不登校やひきこもりでなくても不自由さ、生きづらさを感じている方が多くいらっしゃいます。
私自身、「自分らしさ」を大切にしたいと思っていますが、「自分らしく生きる」ために次の3つの「じゆう」を大切にしています。

先日、新潟県立自然科学館で開催されている錯覚美術館の特別展示に行ってきました。そこで錯覚を利用した 作品をたくさん観てきました。錯覚の作品を観続け過ぎて、目と頭にかなり疲労感が溜まりました(笑)
錯覚のメカニズムにはまだ解明されていないところもあるのですが、基本、経験則による思い込みで錯覚を観ているとのことです。
実は世の中に錯覚を利用したものが沢山あります。経験則や思い込みだけで世の中を見ていると錯覚に騙され真実を見通すことができなくなるのではないかとも思いました^^;
新潟県立自然科学館にはかなり久しぶりに訪れましたが、科学は私の知的好奇心を惹きつけるとても魅力的なものだと再認識し、結構楽しむこともできました(^^)

「人間は考える葦である」、これは17世紀のフランスの思想家パスカルの「パンセ」の一節、「人間は自然のうちで、最も弱い一茎の葦にすぎない。だが、それは『考える葦』である」から由来しています。
...

公立高校入試の合格発表が先日あり、大学入試も含めて、今年も無事皆さん合格し、新しい進路先へ進むことになりました。
フリースクールヒュッゲは居場所提供、相談支援がメインですが、学習支援を本人が必要としている方には学習支援もしています。
人に敷かれたレールを乗るのも、自分でレールを敷いて 自分の道を歩むのも自分次第だと思いますが、自分の人生、自分のために、自分らしく、自分の人生謳歌できるといいですね‼️
あらためて、合格おめでとうございます‼️

東日本大震災から今日で10年経ちました。10年前の震災当日はは3月に予定されていた母校の吹奏楽部の定期演奏会の練習にOBとして参加してました。演奏会も近いということで三条市総合福祉センターをお借りして練習していました。震災前日も三条市総合福祉センターで練習をしていたのですが、震災の発生した同じ時刻くらいに他のセンター利用者やセンターの人と共に避難訓練を部員たちと一緒にしました。震災前にも宮城県沖を震源とする地震が多発しており、避難訓練を指導してくださった消防署の方から地震などの災害への心得をお話ししていただきました。その時はまさかその翌日の同時刻に東日本大震災が起きるとは思ってもいませんでした。
...

死ぬな!

2021年03月10日

先日、社会課題をエンターテイメントする新潟お笑い集団NAMARAさんの事務所を訪問してきました。新潟お笑い集団NAMARAさんは「笑い」を通して社会課題をエンターテイメント化し、世の中の様々な社会課題解決に向け活動されています。
私自身もフリースクールの現場で不登校、ひきこもりなどの課題、問題に直面する機会が多いですが、それらの課題、問題の背景には貧困、虐待、障害、依存症など様々な課題、問題が関わっており、それぞれ根っこの部分では共通しているものがあると思います。
...

東日本大震災から今年の3月11日で10年になります。
震災発生後、何度か震災現地を訪れてきましたが、今回は南相馬市の小高にある双葉食堂さんに行ってきました。双葉食堂さんを訪れた理由は美味しいラーメンだけでなく、双葉食堂さんのある小高の被災者を三条市が受け入れたことから三条市と双葉食堂さんにご縁が出来たことを先日のテレビの放送で知ったからでした。
ラーメン好きな私にとってはラーメンそのものがとても魅力的で、実食してみて申し分ない美味しさで毎日食べたい美味しさでしたが、お店の人たちの人柄も温かく、とても居心地の良い雰囲気でお腹だけでなく、心も満たされました。
またお店には地元の小学生が書いた素敵な折句が掲示されており、それを読んでとても感動しました。下記の文が折句です。

こんなラーメンをめざします
...

昨日、将来教員を目指している高校生がヒュッゲに遊びに来ていただき、ヒュッゲの子どもたちと一緒に遊んでもらいました。ヒュッゲの利用者は小学生、中学生が多く、高校生、時には社会人の方の利用もあります。昨日は小学生、中学生、高校生の子たちの利用で、それぞれの抱えている背景、環境は違ってましたが、ゲームなどを通して、子どもたちと繋がっていただきました。特に同世代の高校生が繋がる機会があまりなかったので、今回は同世代が繋がれたいい機会でした。
...

ここは今から倫理です。は原作は漫画ですが、NHKで土曜日の深夜に放送されているドラマです。この番組を観ていて毎回心に突き刺さる言葉が多く、いろいろと考えさせられながら観入っています。倫理をテーマとしたドラマなので毎回いろんな哲学者の言葉が番組で使われてますが、最近観たものではアメリカの哲学者ホッファーの言葉「他者への没頭は、それが支援であれ妨害であれ、愛情であれ憎悪であれ、つまるところ、自分から逃げるための手段である。」が使われました。
...