パックマン256〜バグからの〜

最近、ヒュッゲでパックマンがプチ流行しています。パックマンは2020年で40周年になり、とても懐かしいゲームですが、なんと今でも現役でたくさんのファンがいます。パックマンはシンプルですが奥深く今でもやり始めるとはまってしまうゲームです。
最近、ヒュッゲでやり始めたのはパックマン256というゲームです。パックマン256は昔のパックマンにはなかったいろんなギミックがあり、自由度もあがったことでさらに楽しく遊べるようになってます。 
パックマン256というネーミングは実はパックマンの256面をモチーフにつけられたそうです。256面をモチーフにした理由はパックマンの256面をクリアすると必ずバグが起きていたそうです。バグは基本、欠陥になるのですが、今回のパックマン256はその256面のバグをゲームに取り入れてゲーム性を高めています。
バグという欠点を新しいゲームに取り入れてゲームの魅力を高めたところもとても気に入りました‼️
最近のゲームはハードもソフトもインフラもかなり良くなり、もはやゲームを超えているようなものもたくさんありますが、たまにはパックマンのようなシンプルなゲームもいいと思います。私自身は時間をかけてじっくりと取り組んだり、システムが複雑なゲームが苦手です…(笑)