今年の節分は124年ぶり2月2日に!!!

例年は2月3日が節分ですが、今年は124年ぶりに2月2日が節分です。節分の日がずれたのは地球の公転が365日ぴったりではないからだそうです。124年前は1897年(明治30年)にあたり、その年の出来事としては足尾鉱毒事件が有名です。
ところで節分と言えば豆まき、恵方巻などのイベントがありますが、毎年この時期になると豆まきの「鬼」について考えさせられます。時代や地域によって鬼の扱い方がいろいろとあるようで「悪」から「善」や「神」まで多様な現れ方をするそうで、単純に「悪者」扱いできません。多様性を認める、インクルーシブの社会においては鬼の存在を認め、鬼と共に生きることであり、鬼を排除することはありません。
日本はわりと排他的なところが見られ、同調圧も強めなところもありますがもう少しゆるく寛容な世の中になって欲しいですね。