ヒュッゲ利用が出席扱いとなりました。

不登校の一つの悩みに出席の問題があります。特に欠席の連絡などを取ったり、学校からの出血の確認の連絡などが本人、親御さんにとってかなりの負担になっています。不登校などでフリースクールなど通っていたり、ホームスクールされている方々の出席の扱いが以前から校長先生の裁量で出席扱いにできたのですが、なかなか思うように進まない現状に対し、教育確保基本法で法整備されたりして、文科省も以前より不登校支援が積極的になってきたことと不登校の現状に対する世論の反応などもあり、現在は学校側、行政側との連携が取りやすくなってきました。
学校、行政との連携がまだ始まったばかりで課題もいろいろとありますが、校長先生のご理解を得ることができ、ヒュッゲ利用者が出席扱いになったことは素直に嬉しいです。今後も学校、行政との連携を深めつつ、地域との連携にも繋げていけたらと思います。