官民連携

本日、官民連携での不登校支援に関するイベントがありました。詳細を語ることはできませんが、官民、不登校支援団体が連携をして支援をしていくことになりました。今までは連携をしていくことがなかなか難しい状況だったようですが、これからは官民の垣根を越えて連携を進めていけるようになり、不登校支援において一歩前進したのではないかと思います。まだまだ課題は残っていますが、不登校などで生きづらさを感じている人たちのために互いに手を取りながら協力しながら支援ができる体制ができていくのはとても素晴らしいと思います。
ヒュッゲとしても不登校を否定的にとらえるのではなく、学校ありきという前提に縛られず「自分らしい生き方」ができるような世の中に変わっていけるようこれからも活動していきます。
今日の庁舎から眺めた風景がとても綺麗だったので思わず写メを取りました!